人中短縮修正ダウンタイム(写)1ヶ月経過~適応リスク~

人中短縮

こんにちは!人中短縮ダウンタイム1ヶ月が経過してころを載せていきまーす!!
ダウンタイムの経過などは、皆さん気になるところですよね(・・?

この記事では、写真ありで見た目の経過や過ごし方などをレポしていきます~

また、人中短縮の適応リスクも軽く書いております。
ダウンタイム中の方や人中短縮をしようか迷っているかた、皆さんの参考になれるかと思いまーす☺

ダウンタイム1ヶ月経過

ダウンタイム約1ヶ月1週間目

人中短縮修正術後、約1ヶ月1週間経過したときの写真です!
ちょうど1ヶ月目の写真はなく1週間余分に過ぎてしまったのは、申し訳。。。(;^ω^)(笑)

やはり、前回の記事にも書いたように、
ダウンタイム約2週間ごろ~は人中部位がカチカチになりました。
覚悟はしてたものの、ほんとにカチカチ!!

↓↓前回記事はコチラ

経過レポ

カチカチ感も徐々に出てきて、笑顔はできないし動かそうとすると
引きつりがあるので、とりあえず変わらずなるべく動かない!!
これを徹底的にしました。

ダウンタイム1ヶ月経過すると、まだカチカチ感などはありますが、
笑顔のとき以外は、引きつりもなくなりました!
良かった~

少しカチカチ感が和らぐよう血行が良くなるように、
よく温めたりしていました。(効果があるのかは分かりませんが)

ここからはもっと徐々に引いていきます!
ダウンタイムのカチカチなどは、徐々にしか変化がないのでとりあえず日にち薬ですね。

術後の大きな腫れや傷跡なども化粧で隠せる程度でしたので
他人から見たら、全く気付かれないので比較的ダウンタイムは過ごしやすかったです。

まとめ

約1ヶ月過ぎの変化はカチカチの多少不自由さはありましたが、
順調な経過だったと思います(*^-^*)

  • 笑顔以外の引きつりはなくなる。(カチカチ感は1ヶ月では残る)
  • 変わらずなるべく無理に動かさない。←コレほんと大事!!
  • 腫れ・傷跡などは、他人から見るとバレない程度になる。

笑顔は変な顔になりますが、しばらくは多少堪えましょう。。(笑)
傷跡などは、ドクターの腕や個人の体質にもよるので、
ダウンタイム鬱にならないよう、やはり良いドクターを選びたいですね😄

人中短縮の適応リスクの補足

有名な形成外科医のインスタライブの質問でも

・人中短縮は適応か?
⇒いいバランスが人それぞれある。
だいたい平均1.4~1.5mmだが、
2センチあってもあまり切れない人(ガミースマイル・骨格自体が長い)は
逆にバランス悪くなる可能性も。
この長さだから適応と一概に決めるのは危ない。


人中短縮はやはり安易にするものではないと仰っておりました。

巷で流行ってるからといって、自分には適応かは
しっかり検討してから手術に挑みましょう~


先生のインスタライブのまとめはコチラ⇓

私の経験が少しでもお役に立て良かったと思ってもらえたら
いいね!やフォローなどして頂ければ嬉しいです(*’▽’)
クリニック名やドクターなどは、Twitterからお気軽にDM下さい。
(紹介割引ができます(*^-^*)!!)

Twitter→https://twitter.com/Nancy77ak


せっかく綺麗になるのに努力してるのですから、
リスクを減らしみんなで綺麗になりましょー♡

整形履歴はコチラ↓↓
https://note.com/nancy77ak/n/n9f90bc5fc9ab



ではでは(^^)/



コメント

タイトルとURLをコピーしました